紫陽花

6月の花といえば、紫陽花(アジサイ)。一般に花といわれている部分は実は「装飾花」で、おしべとめしべが退化しており(中性花)、花びらに見えるものは「がく」である。 花(がく)の色はアントシアニンという色素によるもので、これに補助色素(助色素)とアルミニウムのイオンが加わると、青色の花となる。  土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」といわれている。これは、...