形而上のギャップ

題  名  「夏色シルエット」撮影日  2014年8月撮影者  三宅菜穂(中3)撮影場所 帰り道夏の日の帰り道。日が傾きかけた空。青のグラデーションに綿をちぎったような雲が漂う。両脇には庭木のシルエット。そんなやわらかな風景を切るように真っ黒な電柱と電線の影が走っている。やわらかさと鋭利さ。そのギャップが見るものに心地のよい安堵感と緊張感を与えてくれる。...

倉敷にて

題  名  「放課後の寄り道」撮影者  豊田茉雪(高2)撮影日  2014年8月場 所  岡山県倉敷市倉敷は江戸時代、幕府の天領地で物資の集積地であった。現在は、江戸情緒漂う街並みが人気の観光地となっている。川沿いのベンチで話す2人。撮影者は地元の高校生とみている。だが、どうだろう。他府県からきた修学旅行生の可能性も否定できないのではないか。カギは左側の自転車だ。自転車が彼女たちのものなら2人は地元の高...

イギリス近衛兵

題  名 「警備員さん」撮影日 2014年8月場 所  ロンドン撮影者 別府 舞(中2)撮影者は「警備員さん」としているが、そうではない。王室を守護する軍人である。よって左手の銃はモデルガンではなく、実弾が入っている。街でマシンガンを持っている光景は日本ではあまりない。...

赤い月 (皆既月食)

題  名   「赤銅色の月」撮影日   2014年10月8日場  所   舞洲緑地撮影者   顧 問月食とは月が地球の影に隠れて見えなくなる現象だが、すべて隠れる「皆既月食」は3年ぶりだ。「皆既」とはいってもよく見ると赤銅色の暗い月が見えている。写真で撮るとまるで火星のようだ。これは太陽の光が気球の表面を通るとき、一部が大気によって屈折し、青などの波長の短い光が散乱するために起こる現象である。写真...

中3校外学習 ~ 大塚美術館 「システィーナ礼拝堂」

題  名   「天上の風景」 (システィーナ礼拝堂天井画および壁画 ミケランジェロ)撮影日   2014. 9. 26撮影場所 大塚国際美術館(徳島県)撮影者   顧  問...

うな丼です 

「おなかすいたー」撮影者    高2 月向瑛里撮影場所  名古屋名古屋では「ひつまぶし」が有名だが、細かく刻んだ鰻のかば焼きをおひつのごはんにまぶしたものをさす。どんぶりのごはんの上に鰻をのせたものを「うな丼」、重箱のごはんの上に蒲焼をのせたものを「うな重」といい、この写真は「うな丼」である。最近では言わなくなったが、関西ではうな丼のことを「まむし」と呼ぶことがある。漢字の「鰻」を「まん」と発音し...

「夕やけ」 

撮影者    中1 久保田光咲撮影場所   不 明初秋の夕暮れ。  太陽はすでに山の向こうへ沈んでいる。オレンジ色の光が天上の雲をオレンジ色に染める。 その色は一定ではない。刻々と色を変えながら、やがて空は闇に包まれる。 ...